ひっぽのひげ文庫 リターン vol.7 ノラネコぐんだん パンこうじょう

あの、【ひっぽのひげ文庫】がままっち!に帰ってきました♪♪
函館市神山のえほんカフェひっぽ 店主の中川裕司さん(通称 ひげさん)がオススメの絵本を紹介してくれます。今回はどんな絵本と出逢えるのでしょうか📚さらに、ひげさんが綴るエッセイ【ひげのつぶやき】も掲載中!ご自身も父であり、教員経験もあるひげさんが見つめる子育てのアレコレ。どうぞご覧ください♪
ノラネコぐんだん パンこうじょう

作:工藤ノリコ(くどうのりこ)
白泉社
本体価格:1,320円(税込)
あらすじ
ノラネコぐんだんの8匹のネコたちが、窓からパン工場をのぞいています。意外に簡単にパンができそうなどと言いあって、夜になって工場に忍び込みます。コソ泥らしく手ぬぐいでほおかむりを忘れません。ドバッと小麦粉、牛乳、卵、砂糖、塩。ふくらし粉は、全部入れちゃえ!ノリノリです。いよいよ、釜に入れて焼き始めるとまあ大変!結末はいかに!パン工場のご主人のワンワンちゃんが優しいのです。

 

ひげさん
ひげさん

「母が大好きな絵本で、シリーズ全部持ってるんですよ。」と、遺愛高の生徒さんに教えていただいた絵本で、慌てて買いに行きました。馬場のぼるさんの「11ぴきのねこ」シリーズ、いわむらかずおさんの「14ひきの…」シリーズなどを思い出しました。事件もいたずらも結末もほのぼのとしていて、つい全巻揃えてしまいたくなるのも分かります。ぜひ、手にしてみてください。

 

このシリーズ、私も大好きなんです。ゆる~い雰囲気とかわいさにすっかりハマっています♪同じノラネコぐんだんシリーズは、冒険もの・食べ物がモチーフのものがあってどちらもとっても面白いですよ!

 

 

▷▶▷Next Page ひげのつぶやき

タイトルとURLをコピーしました