【前編】『Cheer up!』Baton.26 住所不定の花屋”#fff(ふふ)さん”

Cheer up!とは

 

第26回【前編】

Tammy
Tammy

前回のWOOD MAKE工房 池田孝幸さんからバトンが渡ったのは、住所不定の花屋として活動されている#fff(ふふ)さんです!
以前勤めていた花屋さんに池田さんがお客様として来店したことから繋がりができたそう。
そんな#fffさんにお会いしお話をお伺いしました。

 

心がふふっとするお花や植物を提案したいという想いで活動している#fff(ふふ)さん。店舗は持たずに、曜日ごとに服屋さんやアクセサリーショップなどの店内スペースの一部を借りて営業。この日は海岸町にある「muku handmade HAKODATE」で営業しているところ取材させていただきました。今年8月にこのスタイルで花屋をスタートするまでは、函館市内の花屋に勤務し、花についてやアレンジメントなどの技術を身につけたといいます。

「函館には素敵なお店がたくさんある」と話す#fffさん。”住所不定の花屋”として活動を始めた背景には、そんな素敵なお店を花を通じて皆さんにご紹介したいという熱い想いがありました。末広町にある服屋「LOFT」では、#fffさんの花を置いてからママ世代のお客様が増えたのだとか。小さな子どもがいると入店をためらってしまいがちなお店でも、花を買うという目的がきっかけとなり足を運んでもらいやすくなっているそう。

「muku handmade HAKODATE」では、ハンドメイドアクセサリーと一緒に色鮮やかな花が陳列され、プレゼントに購入した品に花を一輪添えるお客様もいるという。なんだか粋で素敵ですよね。
「店舗を持たずに活動できるのも、快く花を置いてくれるお店の方との信頼関係があってこそ。今まで花を買ったことがないというお客様にも花を飾ることの魅力をお伝えでき、日々楽しく活動することができています。」と話す#fffさん。店舗がないという一見変わった販売スタイルは、花を買うという目的だけではなく、その日#fffさんがいるお店に遊びに行くというアクションが加わることで、より充実した時間が味わえる新しい花屋さんの形だなと思いました。11月23日(火・祝)には同ショップにて『写真と花』イベントを開催。好きな花とアクセサリーを選び写真を撮ってもらうという写真屋さんとお花屋さんのコラボイベント。詳しくはInstagramをチェックしてみてください。

 

Tammy
Tammy

とても可愛らしく優しい雰囲気の#fffさん。お洒落に見える花の飾り方なども気軽に相談できて、ついつい楽しくお話しちゃいました♪
11月はシエスタハコダテでのポップアップショップも始まっていますので、ぜひ遊びにいってみてはいかかでしょうか♪

 

Cheer up!Baton.26 後編【11月25日(木)公開】
次回、「花一輪が気分転換の手助けになれば嬉しい」
#fffさんから『ままっち!』をご覧の皆さまへメッセージを掲載。

 

#fff
出店場所 muku handmade HAKODATE(函館市海岸町1-7)
LOFT(函館市末広町4-11)
シエスタハコダテ(函館市本町24-1)※11月中のみ
※出店曜日・営業時間は月ごと、店舗ごとに変動するため、詳しくはInstagramをご確認ください。
Instagram https://www.instagram.com/fff_hana___/

 

Cheer up!バックナンバー

 

タイトルとURLをコピーしました