『ひっぽのひげ文庫』最終回📚

スポンサーリンク
こころほっこり☕📚
『ひっぽのひげ文庫』あっという間の最終回です♪
絵本とおいしい珈琲のお店、函館市神山町の【えほんカフェひっぽ】さんが、期間限定でままっち!にオープン!店主の中川裕司さん(通称ひげさん)おすすめの絵本と、カフェにちなんだちょっと嬉しい+α全6回の連載でお届けします♪
ホッと一息つくリラックスタイムに、是非お立ち寄りください☕
ひっぽのひげ文庫 目次はこちら

11冊目📚

「考えるミスター・ヒポポタムス」

作 谷川俊太郎、広瀬 弦
出版社 マガジンハウス

定価 本体価格 1,282円(税込)
ひっぽのきっかけをいただいた絵本です。店のメニュー表にも登場しています。ストーリーはありません。「一頭のカバともう一頭のカバの区別がつかない奴がいる。そういうのを観念的というのだ」「友だちが相撲取りになりたいと言う。ぼくは反対した。あまりにも安易な発想だからだ。」などなど、谷川さんの一節に、息子さんの広瀬さんのユーモラスなカバのイラストが添えられて見開きになっています。凝縮された谷川さんの言葉に、心の隅をチクンと刺される快感を味わえる一冊です。
✏谷川さんの『朝のリレー』という詩が子どもの頃、大好きでした。大人になった今、こちらも是非読んでみたいです(*^^*)

12冊目📚
「おーい かばくん」
詩:中川いつ子 絵:あべ弘士
出版社 ひさかたチャイルド

定価 本体価格 1,700+税
10年以上前の出版ですが、CDがついています。リズム感あふれる詩に、素朴なあべ弘士さんの絵がピッタリです。その詩に、中川ひろたかさんが曲を付け、彼が歌っているCDなのです。なんと、カラオケバージョンもあり楽譜もありサービス満点です。お子さんと一緒に読んで、歌って、カラオケしていっぱい楽しめること間違いなし!!
✏外出のできない今の時期に持ってこいの一冊ですね♪おやこのおうちタイムに是非(*^^*)


絵本のあとは身も心もほんのりあたたまる☕
『ひげの厨房ヒント』
本日のおいしいヒント☝
最終回は「生姜」です。国産の生姜をスライスして、レモンのスライス、シナモンなどの香辛料、砂糖を加えて、よく煮て生姜シロップを作ります。そのシロップを炭酸で割るとジンジャーエール、お湯で割ると人気メニューのホットジンジャーになります。煮出した残りの生姜がもったいないので、さらに刻んで和風生姜パスタにして提供しています。さらに、プライベートですが、ミキサーしてヨーグルトに混ぜて食べています生姜は体温をあげ、免疫力を高める効果があります。無駄なく美味しくいただきましょう。

ままっち!編集部より
冷え性で悩む方の【温活】にも大活躍してくれそうな今回のテーマ。生姜のシロップが様々な美味しいメニューに変身してくれるのが嬉しいですね。生の生姜は、水を張った容器に入れると乾燥を防ぐことができます。3~4日ごとに水を取り替えることで1ヶ月程度の保存が可能だそうです♪ チューブタイプの【おろししょうが】がおなじみですが、是非生の生姜も活用して、たくさんの『おいしい!』を発見してみてくださいね!!


連載の最後に、ひげさんからメッセージをいただきました。
6回、12冊の連載が今回で最後になりました。海外、日本、作家さんなどダブらないように、大好きな絵本が漏れてしまうことがないように…それでも紹介したい絵本は尽きません。連載を通じて、再度手にした絵本も多く、自身の絵本歴を振り返ることも出来ました。その機会を与えてくださったままっち!様、ありがとうございました。絵本は、声に出して読んで楽しむものだと思っています。これからもいい絵本に出会いたいと本屋をうろつきます。拙い文章にお付き合い頂いたこと感謝申し上げます。

編集後記✏
ひげさんが紹介してくださった12冊の絵本。そして、厨房ヒントの数々…。いつも、あたたかくて優しいひげさんの人柄と、えほんカフェひっぽさんのおいしい雰囲気が溢れていました。読者の皆さんも、スタッフである私も子育て真っ只中です。忙しい毎日の中に、少しでもホッとできる時間を…そんな思いで、スタートしたこの連載。読んで頂いた誰かの心が、ほっこりしてくれているといいな、と願うばかりです。快く、連載をお引き受け頂いた【えほんカフェひっぽ】の中川裕司さんに心からの感謝を申し上げます。また、ご一緒できる日を願っています。ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました