『Cheer up!』Baton.6

スポンサーリンク
はじまる ひろがる つながる 
『Cheer up!(チアーアップ)【元気づける】【勇気を与える】【励ます】という意味で使われるそうです(*^^*) 函館近郊で、独自の活動やイベントを主催している人をリレー形式でクローズアップ!『好き』『理想』『形』に変えた皆さんに、活動を始めたきっかけ、続ける原動力、家庭と活動の両立など、裏話を聞いてきました。何かにまっすぐ向き合う皆さんへのエール『Cheer up!
今までのCheer up!はこちらから☝
緊急事態宣言が解除され、Cheer up!の取材も再開することができました!お久しぶりのCheer up!を是非ご覧ください(^^)

第6回目

前回の幅里英(はばりえ)さんからバトンが渡ったのは、Ai.という作家名で木工雑貨のハンドメイド活動をされている、岩館亜紀代(いわだてあきよ)さんです!
ナチュラルでかわいらしい雑貨を作られている岩館亜紀代さん(以下あきよさん)にお話しをお伺いしてきました(^^)/
男性の作業イメージがある木材雑貨
ままっち! DIYが流行っていますが、木材を使用して何かを作ろう!って大がかりなイメージがあって中々手を出せない人も多いですよね。
あきよさん そうですね、工具を使ったり、木をのこぎりで切ったりと、どうしても男性の作業って感じがしますよね。でもやってみたら意外に出来るもんです!
—きっかけは旦那さんと作った洗面台の棚
あきよさん 木材を買ってきて、旦那さんと洗面台横に置く棚を作ったんです。仕上げにタイルを貼ったりして。それがとっても楽しくて、それから自分の家で使う雑貨を作るようになりました。
ままっち! 旦那さんも作るのが好きなんですね♪
「うちのカウンターテーブルもお父さんと作ったよね~(^^)」っと一緒に来てくれた娘さんが嬉しそうに教えてくれました♪

岩館亜紀代さんと小学4年生の娘さん

娘さんは制作に興味を持って、出来上がった作品を褒めてくれるんだとか(*^^*)
嬉しいですね♪
同じデザインにならないように
あきよさん 独学で制作しているので、大きい家具などではなく、壁掛けや、置き物、トイレットペーパーホルダーなどの雑貨を制作しています。
⁂お気に入りの作品たち⁂

ままっち! とっても可愛い~!木ってあたたかみがあって癒されますね♪

あきよさん 元々、木の匂いが好きだったんです。落ち着きますよねぇ。

ままっち! デザインもご自分で考えているんですか?

あきよさん はい♪私の製作している雑貨は、お家に1つあれば何回も買い替えたりするようなものではないので、買ってくださった方の”お家の子”になるように、1点1点少しずつデザインを変えて制作しています。

ままっち! じゃあ「世界に1つだけ」ですね(^^)素敵です♪

 

作業は意外にも室内!

ままっち! 木材のハンドメイドに中々手を出せない理由の一つに、作業場の確保があると思うのですが・・・

あきよさん 大丈夫!新聞紙を敷いて室内で出来ちゃいますよ!(笑)

ままっち! (/・ω・)/室内!?それはびっくり!絶対に外だと思っていました(笑)

あきよさん 作るものにもよりますが、私のような雑貨だったら大丈夫だと思います♪もちろん木くずや粉は少し散らかるけど、拭き掃除すれば問題なしです!子どもも見てられるので安心ですしね♪

ままっち! 室内で出来るなら挑戦できるかも!ちなみに、この工具はあった方がいい!ってオススメはありますか?

あきよさん 「電動ドリル」これはあった方が絶対助かります!手動でやると結構力もいるし、最初はよく手にまめができたので、電動ドリルはオススメです!

ままっち! 今はとてもコンパクトで手頃な工具もたくさんあるので、ホームセンターを要チェックですね☆

 

 

作品の自分ルール

ままっち! どの作品も、可愛らしくてナチュラルな感じがいいですね♪

あきよさん ハンドメイド活動を始める時に、「木にはモノトーン以外の色付けはしない」と決めてスタートしたんです。木の持つナチュラルでシンプルな雰囲気を大切にしたかったので。でも、色々足したくなったりして迷う事もありますけどね~。

ままっち! わかります。私も刺繍に最近ハマっているんですが、シンプルにしておけばいいのに、なぜかちょい足ししたくなって失敗したりします(笑)

あきよさん そこのバランスって難しいですよね~。でも最初に、「木にはモノトーン以外の色付けはしない」という自分のルールを作ったことで、作品に統一性が生まれて良かったなと思います。

ままっち! 「Ai.の作品」というイメージが湧きますもんね(*^^*)

木と異素材の組み合わせ
あきよさん 木材の加工はどうしても音がうるさかったりするので、日中に作業して、夜はゆっくりと編み物をしています♪
ままっち! 編み物も出来るんですね!器用ですねー!
あきよさん 木と異素材の組み合わせに惹かれるんですよね。木とデニム、木とレザーなんかも好きです。編み物で作ったものと組み合わせた作品もあります。

 

—独学だからこその愛着ある作品たち

あきよさん あまり色々勉強して知識を取り入れてしまうと、逆にそれにとらわれてしまいそうな気がして・・・例えば、箱を作る時に、見える面を木の表側にして作ると見た目もとても綺麗に出来上がります。でも私は、木の表裏は気にせずに作っています!その方が私らしい作品かなって。

ままっち! 綺麗なものも素敵ですが、型にはまらず自然な仕上がりは味があっていいものですよね♪

あきよさん だからこれからも自分の思うままに作ろうかなって♪

 

お気に入りの作品 -息子さんとのエピソードー

お気に入りの作品「ティッシュボックス」

イベントで販売するために制作したこのティッシュボックス。
すると突然、中学1年生の息子が「これ欲しいから買うよ」っと言ってきたんです。でもイベントに持っていく予定だったので、あげられないよっと言うと、「じゃあ売れ残ったら買うから」っと息子。

そしてたまたま売れずにお家に戻ってきたティッシュボックス。

息子にあげようとすると、「買うよ。」と言うので、「いいよ~あげるよ~」と言っても、「いや、売ってる値段で買うから。」っとお小遣いで買ってくれたんです。

中学1年生の男の子にしては可愛すぎるデザインなのに、自分の部屋で使ってくれています。
とっても嬉しくて、思い出の作品です。

 

 

 

ままっち! 泣きそうです(;_;)なんて素敵なエピソード。私も息子がいるので、なんだかグッときちゃいました。

あきよさん 普段はあまり私の作品に関心がない息子なんですけどね、作業をしていない期間が続くと「作らなくていいの?」って気にかけてはくれているみたいです(*^^*)

 

 

「人とのつながり」の大切さを改めて実感

あきよさん 制作を始めて1年経ったくらいに、雑貨屋さんに直接行き「私の商品を置いてもらえませんか?」とお願いしたんです。OKをもらい、そこで委託販売してもらいました。

あきよさん 今は「いどはどドーナッツ」さんという、とても可愛らしいお店で期間限定で販売させてもらっています♪いどはどさんとは、私がイベントに参加しているとき出会って、チラシを置くスタンドをオーダーしてもらったのがきっかけでのお付き合いになります。

ままっち! イベントに参加すると、いろいろな方との出会いがるのも楽しみの一つですよね♪

あきよさん そうですね♪大人になると中々新しい人との出会いや、経験が少なくなってくると思うんですが、ハンドメイド活動を通して、たくさんの「初めまして」と出会えて、人とのつながりの大切さを改めて実感させられます。

ままっち! ママになると特に、外の世界と離れたところにいる感覚になることがあるけど、少し外と触れ合うことで気分転換にもなるし、勉強になることもあって、毎日がちょっと楽しくなりますよね♪

あきよさん ママでもなく、奥さんでもなく、1人の自分になれる時間って必要だなぁっと感じます。私にとっては『Ai.』の活動がその大切な時間です(^^)

ままっち! あきよさん、これからも制作活動頑張ってください!ありがとうございました!

 

作っている作品と同じく、とてもナチュラルで優しい雰囲気のあきよさん。息子さんとのエピソードはうるっときてしまいました。大変な世の中が続いていますが、ママたちは毎日家事に子育てにお仕事に大忙し。そんな中で、「1人の自分」になれる時間は絶対に必要。なかなかその時間を作ることは難しいけれど、ちょっと周りのみんなに甘えて「自分の時間」を作ってもいいのかもしれません。外に出られなくても、子どもの寝ている間にちょっと趣味の時間♪だけでも、心が癒されるものです。

次回は、お洒落なデザインのポーチやファッションアクセサリーなどを制作している、Bisouの山本和佳子さんが登場です!お楽しみに(^^)/

岩館亜紀代さん 『Ai.』
Instagram:https://www.instagram.com/ai._craft/

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました