ひっぽのひげ文庫 リターン vol.18 ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ

あの、【ひっぽのひげ文庫】がままっち!に帰ってきました♪♪
函館市神山のえほんカフェひっぽ 店主の中川裕司さん(通称 ひげさん)がオススメの絵本を紹介してくれます。今回はどんな絵本と出逢えるのでしょうか📚さらに、ひげさんが綴るエッセイ【ひげのつぶやき】も掲載中!ご自身も父であり、教員経験もあるひげさんが見つめる子育てのアレコレ。どうぞご覧ください♪
ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ
作:石川 基子
本体価格:1,430円(税込)
講談社
あらすじ
椎茸のおじいさん「ほしじいたけ」と椎茸のおばあさん「ほしばあたけ」が主人公。ひなたぼっこをしていた「ほしじいたけ」が風に飛ばされて、じめじめ谷の温泉に落ちてしまいます。すると、みるみる若返ってプリプリの椎茸に変身です。そこを、きょだいなめくじに襲われます。助けに来たのはキノコの子どもたち、でもナメクジには歯が立たずに大ピンチ!その時です、空から「ほしばあたけ」が登場。さぁ結末は・・・。
ひげさん
ひげさん

紅葉が進んで、秋の深まりを感じるこの頃、読者の皆様お元気ですか。函館の香雪園でライトアップの中、紅葉狩りに行きたいですねぇ。今月の絵本はそんな秋にピッタリの絵本「ほしじいたけ ほしばあたけ」です。ヒーローが悪者をやつけてしまうこのパターンは、古くはアンパンマン、テレビではウルトラマン、好きなパターンです。さて、ひげも温泉に浸かって、プリプリに・・・なったらどうしよう。

ままっち!
ままっち!

私の一番好きな季節「秋」。長くふわ~っと吹く風にレースのカーテンがふわふわ舞う、その様子に秋を感じて…眠くなります(睡眠欲の秋です)。そんな風に飛ばされる干し椎茸、イラストからして子どもたちがゲラゲラ笑う姿が目に浮かぶ一冊ですね♪

次のページ▷▷▷ひげのつぶやき

タイトルとURLをコピーしました