『Cheer up!』Baton.5 プレバンレジン制作 ”幅里英さん”

スポンサーリンク
はじまる ひろがる つながる 
『Cheer up!(チアーアップ)【元気づける】【勇気を与える】【励ます】という意味で使われるそうです(*^^*) 函館近郊で、独自の活動やイベントを主催している人をリレー形式でクローズアップ!『好き』『理想』『形』に変えた皆さんに、活動を始めたきっかけ、続ける原動力、家庭と活動の両立など、裏話を聞いてきました。何かにまっすぐ向き合う皆さんへのエール『Cheer up!
今までのCheer up!はこちらから☝

第5回目

前回の治田紋子(はるたあやこ)さんからバトンが渡ったのは、クリームパン師匠 名義でプラバンレジン作品のハンドメイド活動をしている幅里英(はばりえ)さんです!

子どもの頃にプラバンを使ってキーホルダー作ったなぁ!という方も多いのでは?そんなプラバンを使って素敵な作品を作っている幅里英さん(以下りえさん)に、早速お話しをお伺いしていきましょう(^^)/

 

絵で表現することが好きだった

ままっち! クリームパン師匠(りえさん)のインスタを拝見しましたが、作品のイラストがとってもかわいいですよね♪

りえさん 私の母が絵を描くのが大好きで、その影響で私も小さい頃から絵を描くのが大好きだったんです。あまり言葉で想いをうまく伝えるのが得意ではなかったので、絵は自分を表現できるとても好きな世界でした(^^)

ままっち! じゃあイラストを作品にできるプラバンはりえさんにピッタリですね♪

りえさん そうなんです♪プラバンといえばサインペンで描くイメージがありますが、マットな質感のプラバンは色鉛筆で描けるので、立体感が出せて自分の表現したい世界観を作品にできとても楽しいです!

ままっち! 色鉛筆で描けるのは知らなかったです!色使いの表現の幅が広がりますね(^^)

 

 

プラバンレジン作品とは?

プラバンという板にイラストを描き、オーブンで加熱することで出来るモチーフ。そこにレジンという液体をのせ、固めることでぷくっとツヤツヤした仕上がりになります。出来上がったものをキーホルダーやアクセサリーにして楽しめます♪

ままっち! どんなきっかけでプラバンレジンを作り始めたのですか?

りえさん ママ友が自分でレジンで作ったピアスをつけていて、とても素敵だったので作り方を教えてもらったのがきっかけです(^^)思ったよりも簡単に作れて、一気にプラバンレジンの世界にはまっていきました!それから3ヶ月後くらいには、ハンドメイドアプリを利用して販売し始めました。自分で作ったものが売れるってやっぱり嬉しいですね♪

 

注文を受けてデザインする人気の作品たち

ままっち! インスタを拝見していたら、ペットのブローチが目に留まりました!

りえさん ペット作品はとても人気です♪飼っているペットの写真を送っていただき、「リアルな仕上がり」か「かわいい仕上がり」かなどを確認しながらデザイン画を仕上げます。そのデザイン画を確認してもらい、OK!が出てから作業にとりかかるので、お客様のイメージ通りの仕上がりになるかと思います(^^)

ままっち! 飼っている犬種や猫種によっては、グッズがあまり売ってないこともあるので、自分のペットのグッズを作ってもらえるのはとっても嬉しいですね♪ペットを飼っているじぃじ、ばぁばへのプレゼントにも喜ばれそう♪

 

りえさん 他にも楽器の作品も人気です♪吹奏楽部や、趣味で楽器を演奏される方から、自分の使用している楽器の注文が多いですね(^^)インスタを見て、函館以外の方からも注文を受けたこともあります。

ままっち! そういうパーソナルなものを身に着けられるって嬉しいものですよね!いいですね~私も自分の「好きなもの」注文したくなっちゃいました(*^^*)

 

娘へと受け継がれる絵心

りえさん 私の影響から、娘も絵を描くのが大好きで、娘がデザインした絵を私がプラバンに書き写し制作したこともありました。それが売れた時は、娘もすごく喜んでいてなんだか嬉しかったです。

ままっち! すごく上手!!それに何より、何かを真似して描いたのではなく、自分で創造して描いた服や色使いが素晴らしいですね!

りえさん そうですね、そこは驚きました。女の子の名前まで決めているあたりがさすがだなと思いました(笑)

ままっち! 本当だ、しゅりきちゃん・あおりちゃん(笑)

りえさん 私が母から絵を描く楽しさを教えてもらったように、私から娘にもそれが伝わったのが嬉しいな♪

 

自分の「好き」「楽しい」は母になっても続けていきたい

お話しした印象は、ふんわりとしていて穏やかな印象のりえさん。ご結婚される前は、なんとダンスを習っていたのだとか!

りえさん 結婚前に5~6年、ヒップホップやジャズダンスを習っていましたね。中高が吹奏楽部だったこともあり、大人になってからもマーチングバンドに所属してカラーガード(フラッグやバトンを使ったパフォーマンス)を務めていたこともありました!

ままっち! その穏やかな印象からはびっくりのアクティブさですね!!

りえさん 今も掃除機をかけながら踊ったりしています(笑)娘の卒園の謝恩会では、みんなでダンスを披露して、少しだけフリーでも踊りました♪みんなびっくりしていましたね~(笑)

ままっち! フリーダンスはすごい!(笑)楽しんでいますね♪

りえさん 昔から、コツコツ練習したものを人前で披露するのが大好きだったんです。ハンドメイド活動もそうですが、自分の好きなダンスも、何らかの形でこれからも続けていきたいですね。

小学3年生の娘さん、年中さんの息子さんをもつ幅里英(はばりえ)さん

 

これからも自分の「好き」をやり続けていくために大切なこととは…

『無理なくマイペースに!』

りえさん これに限ると思います。色々と詰め込みすぎるとかえって気持ちの負担になってしまうので、「できなかったら、できなくてもいいや!」くらいのマイペースな気持ちでやっています。
もちろん、ハンドメイド活動に関しては責任をもってお作りしているので、制作期間は余裕をもった日数でお伝えし、自分で納得できるものをご提供しています(^^)

ままっち! ママは家事育児、その他にもやることが盛りだくさん。その中で自分の「好き」なことをやり続けるには無理は禁物ですよね(´▽`)

りえさん そうですね。ママが楽しんでいる姿は、きっと子どもたちも嬉しいと思いますしね♪

 

ままっち! りえさん、ありがとうございました(^^)

お母様の影響で絵を描くのが大好きになったりえさん。考えてみると私自身も、母の影響を受けていることがたくさんあるなぁと気付きました。母親が何かに真剣に、そして楽しそうに取り組んでいる姿は、子どもたちにとってとても印象に残ることなのかもしれませんね♪

次回は、壁掛けや置き物などの木工雑貨を制作して活動している岩館亜紀代(いわだてあきよ)さんが登場です!お楽しみに(^^)/

幅 里英さん クリームパン師匠
Instagram https://www.instagram.com/riehaba/
タイトルとURLをコピーしました